フリーページ

甘豚



抗生物質を使用せず、豚本来の生命力を信じて育てました。
それは無農薬と同じです。
走り回れる広い豚舎で、ありのままで大切に育てた純粋国産豚だからこそ安全なのです。



私たちの農場では繁殖も手がけております。
ここで産まれ、ここで育った豚だけが甘豚になれるのです。
生産者の顔も見れ、豚の出生までもが解るのが甘豚の特徴です。




我々生産者である近藤畜産が、近藤畜産で産まれた子豚を育てたものが、独自ブランドの「甘豚」となります。
品種は肉質も生産性も良い三元交配豚で、繁殖から出荷まで全てを自分たちで行っています。
現在では、子豚を生産できる農家も非常に少なくなっています。
甘豚は、『豚の出生までもが明確に解る』
『長年培ってきたこだわりの飼育方法で育てられたこと』が特徴です。







「豚本来のあるべき姿」。
人の手で育てられていても、必要以上の事はしない。
そのこだわりこそが結果的に生物としての豚をたくましくしました。
昨今、豚は「蜜飼い」と呼ばれ、豚一頭が振り向く事さえできない柵の中に押し込まれ、運動などできないまま、「太りやすくなる薬剤」を含んだ餌を機械に運んでもらうという飼育方法さえあります。
精肉を大量生産できるので、販売価格もとにかく安くできるのです。
我々はそういった機械的な飼育方法を選ばず、手間暇惜しまないやり方を選びながら、近代養豚に劣らない生産力を実現しました。
自分たちの手で「子豚を増やし」、「薬剤に一切頼らない」で大人の豚に育て上げ、出来上がった精肉を自分たちの手で加工してお届けします。




薬剤を使用して飼育をすれば生産力は飛躍的に伸びます。
ですが、そうして育った豚はもはや豚ではありません。
それだけでなく薬剤の乱用は家畜伝染病等の耐性菌を産む原因となります。
生産量をあげるだけが目的なら、私たちには必要ありません。
私たちは常に1,500頭もの豚を飼育しています。






私たちの牧場で産まれた子豚は、生後1か月半で離乳し専用畜舎に移されます。
穀物等を使用した専用飼料で育ち、大人の豚になるための準備をします。
そして生後約3ヶ月で肥育畜舎に移り、この頃から飼料には穀物飼料をはじめとして、「新潟県産の米粉」と「パン」を与えています。
また、豚数十頭が全力で走り回れるほどの広い豚舎で、ストレス無くノビノビ暮らすので身の締りが非常に良くなるのです。
抗生物質を使用しないのでちゃんと育たずに死んでしまう子豚も沢山います。
それでも私たちは、安全安心の為、本物の美味しさを作る為、これからもこの方法に拘ります。


▲クリックで大きくなります。

  • 近藤食肉さんのブランド豚「甘豚」
    近藤食肉さんの
    ブランド豚「甘豚」
    ステーキ・ソーセージ
    詰め合わせセット

    5,800円送料込
    (税込6,264円)

    ご購入のかたはこちら

  • 近藤食肉さんの
    ブランド豚「甘豚」
    ステーキセット

    5,800円送料込
    (税込6,264円)

    ご購入のかたはこちら

  • ブランド豚「甘豚」
    近藤食肉さんの
    ブランド豚「甘豚」
    ロースステーキ

    4,800円送料込
    (税込5,184円)

    ご購入のかたはこちら

  • ブランド豚「甘豚」
    近藤食肉さんの
    ブランド豚「甘豚」
    バラステーキ

    4,800円送料込
    (税込5,184円)

    ご購入のかたはこちら

営業日のご案内
  • 今日
  • 定休日

赤は定休日です。

   

  • 新規会員登録キャンペーン
  • 会員様キャンペーン
  • 熨斗は無料でお付けします

ページトップへ